ワキガ 原因 

ワキガの原因を知って効果的な対策をする!

ワキガの原因

ワキガ体質だとニオイに悩むことが少なくありません。
決して不潔にしているわけではないのに脇の下が臭うのは本当に辛いものです。

 

ワキガの原因のひとつは遺伝です。
遺伝でも正しく対策することでニオイを和らげることができるのです。

 

体質の遺伝が主な原因で、生活習慣など様々なことが重なって
ニオイが強くなったり弱くなったりします。

 

ワキガはアポクリン腺とエクリン腺などの汗腺と皮脂腺の3つがあり、
汗や他の成分が肌に住んでいる菌に分解されて、
分解される時に発生するのがワキガなのです。

 

特にアポクリン汗腺から分泌されるものは水分だけではなく脂質やたんぱく質、
アンモニアなどが分泌され、細菌の餌になることでニオイになるのです。

 

アポクリン汗腺を刺激するものに食べ物があります。
油っこいものや肉、バターやチーズ、牛乳などの摂り過ぎは
原因となるアポクリン汗腺が刺激されて汗が増えてニオイのもとになります。

 

またストレスを感じてもアポクリン汗腺からの汗が分泌されやすくなります。
ニオイを和らげるためには、清潔にするだけではワキガは防ぐことができません。

 

肌を清潔にすることは大切ですが、肌を清潔に保ち、
制汗できるわきが専用のクリームなどを利用することも良いことです。

 

他には脇毛を剃ることも効果があります。
脇毛は雑菌の繁殖にもつながります。

 

脇の汗自体にニオイはないのですが、
脇で雑菌が繁殖することでニオイになるので、
雑菌が繁殖しないようにこまめに剃ることも良い方法です。

 

またストレスをためないことも必要です。
適度にストレス発散もしましょう。

 

脇の臭いが心配になっている方はワキガチェックをしてみるといいですよ。